【ローカル ニューヨーク A TO Z】「A」アストリア ASTORIA, QUEENS 続き

いろんな国出身のご近所さん

クィーンズにはギリシャ系以外にもたくさんの国出身の移民家族が住んでいます。わたしがクィーンズで最初に住んだ街「ジャクソンハイツ」はメキシコとインドの移民街でした。クィーンズのもう少し東側には、「フラッシング」という大きな中華街もあります。

大きな移民のコミュニティーの中にひっそりと、マイノリティーの移民家族も住んでいまました。例えばアフガニスタンやパキンスタンなど中東出身の人たちです。アストリアの中にも中東出身の人が営むアフガニスタン料理のレストランがあって、時々アジアの味が恋しくなったときにお世話になっていました。

ニューヨークで初めて中東料理を食べましたが、すごくアジア料理に通じるメニューがあるんですよ! 煮込み料理が多かったり、お茶を飲むのが習慣だったり、中でもいちばん驚いたのは、餃子です。中身の具はマトンを使ったりと多少異なりますが、揚げ餃子もあるし、水餃子もある!! 餃子好きのわたしにとって、シルクロードさまさまでした……。

わたしが住んでいた2003年頃はまだまだクィーンズには日本食レストランはなく、このアフガニスタン料理をはじめ、中華、韓国、タイなどなど疲れたときはいろんなエスニック料理を食べて乗り切ってきました。

やっぱり毎日パン、パスタ、ピザだと力が出ないみたい。わたしってアジア人なんだなぁ、とシミジミ感じる瞬間です。


アフガニスタン料理屋の裏庭で

クイーンズの中でも発展めまぐるしいエリア

聞いたとところによると近年、ブルックリンも人気が高まりになり地価がマンハッタン並みに上昇して、多くのアーティストや若者がクイーンズにも移動してくるそうです。

中でもブルックリンにも近いアストリアは人気のようで、美味しいカフェやレストランが年々増え、今では美味しい朝食を食べれるカフェもあるくらい。いやはや、わたしが住んでいた当時には考えられないわ〜。

2011年には映画会社のパラマウント社の跡地に「Museum of the Moving Images」という映画に特化した美術館ができたり(すごく良いと評判!)、他にもイーストリバー沿いに日系アメリカ人の彫刻家、イサム ノグチの美術館「The Noguchi Museum」があるし、写真映えするマンハッタンとクイーンズをつなぐ橋「Queensboro Bridge」が見える公園「Queensbridge Park」など、アストリア付近には穴場スポットがいくつかあります。

治安も良くなってきているとはいえ、川沿いに行くのであれば昼間にした方が良いかと思いますが、ローカルなニューヨークの雰囲気を味わいたくなったら次は「アストリア散歩」オススメです。
地下鉄N、Qラインで行けます】


夕暮れアストリア

人気の投稿