【小さなことにこだわらないNY】夏の風物詩 



日本に負けないぐらいほんっっっっとにムシムシと暑いとニューヨークでの、涼を凌ぐための飲み物と言えば「レモネード」です。レモネードといってもここではレモン以外にもいろんなものをミックスする。例えば苺、ブルーベリー、パイナップル、アップル、ミント……本当にいろいろ。砂糖の代わりにハニーだったり、黒糖を使ったり。つくるのも簡単なので各家庭によって、独特のミックスレモネートがあるみたい。

そしてこの季節、街には移動アイスクリームトラックや、かき氷屋さんが登場します!音楽ならして、公園の側や、通りの角に停まっているいるのを見たことありませんか?アイスクリームのシールがたっくさんはってあるトラック。「Mister Softee」という謎のゆるキャラ的なキャラクターが目印です。






アイスクリームトラックでは日本のジャイアントコーンや的な親しみやすいアイスも販売されていますが、あまり日本ではお目見えしない鮮やかに着色されたアイスたちもここでは食べられます。是非機会がありましたらチャレンジを(笑)


それから移動かき氷屋さんもちょくちょく目にするのですが、驚くなかれこれが脅威のアナログ、「手がき」のかき氷なのです!!小さなスコップみたいなので、氷の固まりをガリガリガリ……ちょっとできてまたガリガリガリ……。完成まで時間がかかる。

だからかき氷といっても、日本のかき氷に比べると小さめサイズなんですけどね。結構人気で、暑い中みんな並んで待っているのを良く目にします。ということでに、ニュー欲のかき氷業界はまだまだ改良の余地有り。ラーメンの次は日本式かき氷が流行るんではないかと、密かに思ってます。

人気の投稿