【よもやまNY】パラレルワールド クィーンズ!


ニューヨーク留学中のほとんどは、マンハッタン郊外の「クィーンズ」と呼ばれるエリアに住んでました。郊外といっても、近いところは地下鉄で30分、遠くて1時間半ぐらい。当時、クィーンズはマンハッタンに比べて家賃もかなり安く、アジアやエスニック食材のスーパーや、安くて美味しいレストランが多く、節約したい私ににはもってこいの場所でもありました。多種多様な移民が住んでいるエリアでもあり、クィーンズではネイティブの英語を聞くのは稀だったけど、この前(5月)に行ったときは大分英語圏に開拓されていたようだった。

一番はじめ住んだ町は、大きなインド人街とメキシコ人街が隣同士の「Jackson Heights(ジャクソンハイツ)」というところ。一つ前の駅には90%インド人向けの商店、次の駅ではメキシコ人用商店しかないという、ニューヨークの中のパラレルワールド。


次に住んだのは「Astoria(アストリア)」というギリシャ人外があるところ。他にもクィーンズにはアイルランド、バングラディッシュ、中国、キューバなどなど、たくさんの国のコミュニティーがあります。

生活感あり過ぎてあまりにもおしゃれなニューヨークとイメージが違うエリアだけど、私にとっては長年住んでいたせいもあり、こういう下町的な雰囲気が「THE ニューヨーク!」でした。こんなに多種多様な文化が同じ場所で見れるところは、世界の街の中でも稀なのではないかしら。是非メトロカードでお手軽世界旅行(笑)気分を味わってみてください。


人気の投稿